エコサポート通信 最新号トップ画像

「エコサポート通信」を発行して11年、お蔭様でアクセス件数は21000件を超えた。前回の第9号発行から1年3ヶ月が経過する。今後の発行は時宜に応じた対応の必要性がある。その時々の重要テーマを取り上げることとして、まず、下記のテーマを取り上げた。

福島第一原子力発電所の事故を契機に国ではエネルギー基本計画の見直しを進めている。夏には「脱原子力依存」「再生可能エネルギーの拡大」に向け2030年の目標数値が発表される。なお国の基本問題委員会は25名の有識者が昨年10月から20回以上議論された。
  日本技術士会近畿本部では本年1月にエネルギー戦略についてセミナーを開催した。基調講演は基本問題委員会委員長代理の植田和弘京大経済学部教授に引き受けていただいた。
  パネルディスカッションでは技術士会環境研究会から「大阪湾岸に総量で1000万kWの発電所!」を提言した。
  これを受けて「環境管理」4月号の「総説」に筆者の論文(LNG火力発電所の電力安定供給に関する一考察)が掲載された。
  提言の実現に向け、背景、必要性、対策の進め方について緊急報告する。

【緊急報告の目次一覧】
1. はじめに(環境研究会からの提言までの経緯)
2. エネルギー基本計画と戦略をどう読むか
3. LNG(液化天然ガス)とは
4. 大阪湾岸に総量で1000万kWのLNG火力発電所はなぜ必要か
5. 原子力と再生可能エネルギー(太陽光、風力など)とは
6. LNG火力発電所計画を推進するために何をしなければならないか

緊急報告ページへ

経営方針

社名のエコ(ECO)、Echo(エコー)のように迅速に、的確にサポートします。

Economy経済 Conceptコンセプト造り
Ecology環境 Consultingコンサルティング
Energyエネルギー Coordinationコーディネート
Engineeringエンジニアリング Communicationコミュニケーション
Ethics倫理 Customer顧客満足

業務内容

【技術士】 技術・経営コンサルティング
36年間の会社生活及び11年間のコンサルタント経験、技術士活動での研鑽、技術の目利きなどの知識・見識をもとに、マーケティングなど経営支援、技術伝承、人材育成を支援します。

詳しくはこちら >>>

【経営】 エイコーンスタジオの経営
エイコーンスタジオは地域の交流、活性化の場として2006年5月にオープン。厳しい経営環境の中での出発でしたが、二人の息子が運営に携わって、着実に根を拡げています。

詳しくはこちら >>>

【ISO】 ISOコンサルティング
ISOマネジメントシステムは、「経営のツール(道具)」として事業者様の体質強化・改善に有効です。「ISOマネジメント」2011年10月号で紹介した関連資料を順次公開しますので、ご活用頂ければ幸いです。なお、特集号の別刷版(35ページ)をメールにてご請求くだされば、送付します。

@規格要求事項について

ISO9001:2008(QMS)及びISO14001:2004(EMS)規格要求事項のチェックリストを公開。

ISO ● ISO9001:2008 規格要求事項(ツリー表示)

ISOの規格要求事項を分かりやすく説明
(表示にはインターネットエクスプローラをご利用ください。


ツリー形式の規格要求事項もPDFで作成しました。

>>> 規格要求事項のツリー表示の印刷用(PDF)


A文書・記録類について

>>> 文書体系図のツリー表示のプリント用(PDF)


B「ISOマネジメント」2011年10月号目次

 第1章 ISOコンサルタントからのISOの活用提案(ISO9001を中心に) 
  第2章 QMSとEMSの統合システムを目指そう 
  第3章 環境リスクとサプライチェーンマネジメント 

 >>> 過去のコンサルティング実績はこちら

トピックス

特別講演

ISO/マネジメントシステム

発表等の要旨

情報化

編集者雑感